○。blue sky。○
渋谷すばる∞横山裕∞村上信五∞丸山隆平
 安田章大∞錦戸亮∞大倉忠義∞内博貴

今日も一日皆が笑っていられますように。
                   8→1
ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
『pieces of PUZZLE』
pieces of PUZZLE ※期間限定サイト eighterブログリンク集
LINKS
PROFILE
OTHERS


12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< かがわぁ――!! | main | 愛知コンレポ 30日2部  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
愛知コンレポ 30日2部 
∞レンジャーのレポをしたいと思いますvv

(記憶が曖昧なので、ご了承ください。)



お決まりの章ちゃんのナレーションをバックに関ジュ4人が遊んでます。

そして、∞レンジャー登場!!

「∞レンジャーが名古屋にやってきたぞぉ!!・・・でもさ、名古屋めっちゃ平和やん?俺ら必要無いみたいやし、帰ろか!」

メンバーがはけようとします。

会場「え―――!!」
「ちょっと待って!!・・・俺、好きな人出来てん。」
メンバー「え―――!!」
このとき、ブルーの告白に衝撃を受けて、レッドが心臓一時停止状態に!!
めっちゃ目がデカくて面白いvv(笑)

「そんで、今日告白の返事もらうねん。」
またまた、レッドが心臓停止状態に!!


「グリーンはなんか告白したことある?」
「・・・・久しぶりやなぁ。」

グリーンは中央へ。

「僕は君のために、歌を覚えたよ。何もリアクションせずに聞いてな。」
メンバーが口々に「わかった。」と言っています。
「I love you〜今だけは悲しい歌〜聞きたくないよ♪
  きしむベッドの上で〜♪・・・俺と一緒に、きしむベッドで寝ぇへん?」

グリーンは満足そうにメインステに戻っていきます。

メンバーが「うまい。」と言っている中
「一緒にベッド軋まそうだろ。」
とエロ突っ込み!!
でも、グリーンと寝たいです。寝させていただきたいです。(変人。笑)

「ブラックはどんな告白したんや?」
(?)「ブラックやから甘くないぞ。」

「君のために練習した歌があるから聞いてな。何にもリアクションせんと聞いてくれよ。」

「盗んだバイクで走り出す〜♪夜の帳へ♪・・・俺と一緒に夜の帳行かへん?」
「ブラックだけにな。」
ブラックの太い声、めっちゃかっこよかったvv

「ブルーの告白見にいかへん?」
「ん〜〜〜コっ♪」(胸の前で親指を立てて)
「ん〜〜〜コっ♪」
「ん〜〜〜コっ♪」
「ん〜〜〜チュっ♪」(失敗してます。笑)
「俺、1番難しいやん。・・・・ん〜〜〜コっ♪」

メンバーがメイステに移動します。
そのときにレッドが「失敗も大事やで。」みたいな事をいいながら、イエローを慰めてました。肩とか抱いたりもしてたかなぁ・・・?

その後のブルーの一発芸は「ん〜〜〜コっ♪」でした。(笑)
これがめちゃくちゃ可愛いのっっ!!

そして、告白の返事を聞くのをためらうブルーを見て、ブラックが後押ししに行こうとすると
「あいつのためにならんから、止めとこう。」みたいなことをいってました。

返事はOK.

ブルーの歌に合わせながら、6人がバトンを使って踊ります。
たぶん、イエローが回すのに失敗して落としてた気がします。
途中、ブルーがマネキンといちゃいっちゃしてました。

その後ブルー以外のメンバーが解散するときに

「遅刻するんじゃねぇぞっ♪」(かわいらしく)

「レッド遅刻多すぎ。」
「・・・うん。」
って!!レッドかわいいvv他にもブラックが振ってたんだけど忘れました;;

ブラックが帰る途中、ブルーの好きな人と他の男が歩いているのを発見!

「お前最近ヤバイ男とつるんでるんだって?」
「あぁ、遊びよ、遊び。あいつ少し優しくしたら惚れちゃって。あたしが好きなのはあんただけだから」
みたいな会話をしてます。

「やばいもん見てしもた・・・どないしよ・・・なんとかブルーを傷つけんようにあの女と別れささな・・・」

次の日。

「お前、昨日の告白の返事どーなったんだよぉ?」
「それが・・・・OKでしたっ!!」
「やったじゃん!ブルー!」

たしか、オレンジがさっきの「ん〜〜〜コっ♪」をして、
「何でそれ知ってんの?」
「たまたまオレンジも昨日やっててん。」

そして、遅れてブラックが登場。

「皆、遅れてゴメン。」
「ブラックが皆に遅れるなっていったんだろ?」(かっこつけてます。笑)

「みんなゴメン。皆に・・・というかブルーに言いたいことがあるんや。」
「俺もブラックに言いたいことあるねん。」
「俺、ブルーのこと好きや!」
「え?!だって俺やっとつきあえたとこやし、それに男同士って…。」
「だから、彼女と別れてほしいねん。」
「はぁ!?」
「だって、確かに、綺麗やし、かわいいかも知れん…でも性格が。」
「性格だっていいに決まってるやん。だから好きやし、付き合うねんやんか。」
「お願いやから別れてくれ!」
「いやじゃ!!なんで祝ってくれへんねん!!なんでおめでとうの5文字が言えへんねん!」
そして、アホ、バカとか言いながらはけていきます。

「ブルー・・・・!!ブルー・・・・!」

「なんで祝ってあげへんねん!素直に喜こんだれや!!」
とめっちゃ怖い口調で言ってます。

「どうせ、誰も俺の気持ちなんて分からんのやわ!」
ブラックがはけていきます。

オレンジがイエローになんか言ってたんですけど、全部無視してた!!

その後、イエローがさって行き、オレンジもその後を追いかけます。
その後グリーンがはけて、次にレッドがはけるときに
「・・・・大丈夫やんな?」って!!めっちゃキュンってなった!!
もう、ほんと目がうるうるしながら言ってた!!
その後、ナスもはけて行きます。

そしてブラックと例の彼女の彼氏とその男の仲間が登場。(関ジュ)

ブラックは土下座してて
「お願いします!お願いします!今回ブルーは本気なんです!」
「うっせんだよっ!!」
と言って、殴ります。そこへ、オレンジが登場!
「もうやめたって下さい!」
と言って、仲裁に入るが殴られます。
そして男たちははけて行きます。

「オレンジ血ぃでてんじゃん。」
「大丈夫だよ。」
「いつもお前はそやって、自分で抱え込んで。」
「お前こそ。」

そして、どーしてここに?みたいな話になり。
「イエローが・・・・。」
って言うと、後ろの方でイエローが見守ってました!
「イエローこっちおいで。」
と言って、イエローとブタックの和解が成立。

その光景をレッドとブルーが見てて、ブルーが彼女に騙されてたことを知りブルーは決意を固めます。

「こうやって皆の輪を崩しちゃったけど、またこうやって皆の中に入れてくれて・・・。」
と泣いています。これには、他のメンバーモもらい泣きしそうな感じでした。

「ブルー、なんかイエローがいいたそう。」
「大丈夫や。」
と言って、二人が抱き合い、イエローが頭よしよししたぁ!!
もう、かわいいvv

そして彼女が彼氏を歩いてきます。
そこにブルーが行こうとするが

「やっぱ、俺・・・・・」
(?)「大丈夫や。皆ついてるから。」

決意を固め、男のもとへ。
「何めんどくさいことになってんだよ。俺のとこにくるならちゃんとしてから来いよ。」
と言って、はけて行きます。

「やっぱ、男おってんな。」
「ち、違うの!これは・・・。」

ブルーが女を殴ろうとすが、殴れず。
「やっぱ俺・・・女殴れないっす。」
「殴らんくてもいい。暴力はアカン。」

皆のもとへ。そして皆が帰ろうとするときに

「あんま男なめんなよ?」
って!!これがめっちゃカッコよかったっす!!グリーン最高です!!

そして、ブルーがもう一回女のところへ走って行って
「俺は少しやったけど幸せやった。だからお前も、幸せになりや?」
「あんたも幸せになんなよ!」
「やかましいわ!!」っと女を叩きました。
「ちょっ、紫っ!」
「ごめん。女殴ってもーた!」
「キャハキャハキャハ!」(笑い声)
「あいつ、頭おかしなってもーたっ。逃げろーっ。」

最後は
「オレンジ、お前はいっつもブルーと一緒におるもんな。いってやれ。」

「ぉお・・・こんな、俺でも、役に立つことが」(句読点のところで泣き真似してます)

「やっぱり俺は、涙より笑顔のほうが似合うな!」
「そうや!自分らしく行け!!」
「いままでとこれからも・・・ありがとぉ〜。」

そして、「ありがとう」へ。
歌い出しがきみくんじゃなくて、丸ちゃんやったのが嬉しかった!!


今回の∞レンジャーは、めっちゃ内容も濃かったし、感動的でしたvv
何回もうるってきましたもん。
是非、DVD化してもらいたいです♪
| ∞コンレポ∞ | comments(0) | trackbacks(0) | 未来(みく) |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |









http://8paaaan1.jugem.jp/trackback/42